It's Just Hard!

日本語は難しい、日本語を学ぶ外国人も、日本人である私の生徒達も
よく口にします。大抵の質問には相手が納得してくれる次元で答えらえる
私ですが、一度だけ答えに窮した(?)ことがあります。当時勤めていた
英会話スクールの同僚であるP(英国人)から、漢字の読み方について
質問された時です。「一月」という言葉を私に見せつつ、"How do you
read this kanji?"と訊くので、"Hitotsuki or ichigatu, and
it depends on the context."(「ひとつき」か「いちがつ」だね、
文脈により異なるけど。)と答えると、(ここからは日本語訳で)
「この月って字は二通りの読み方があるんだろ?」「いや、この二文字の
間に『か』を入れて一か月にすると、げつだね。三日月ならづきだし。」
「ああああ!!なんで?なんで一個の漢字がそんなに何通りにも読める
わけ?なんで?」・・・なんでって言われてもねえ(笑)。漢字が大陸から
伝わって、それに日本で作られた読みが加わって、それを音読み訓読みと
言うんだけど・・・などと言ったところで火に油、どうせ納得するわけが
ないし、説明するのも面倒だ。(授業の合間のわずかな休み時間でした。)
そこでこの一言で済ませました。"Such is Japanese."(「日本語ってのは
そういうもんなんだよ。」) すると彼もあきらめたようではありましたが、
次の授業へ向かいつつ叫び声を発しました。「ニホンゴ、ムサカシー!!」
いや、「むずかしい」だから。そこを間違える時点で、確かに難しいん
でしょうね(笑)

御機嫌よう!

ブログランキングに参戦しております。    
クリック↓でサポートをお願い致します!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ