一言の破壊力 その二十二

コンビニエンスストア、略してコンビニ、皆さんはよく利用されますか?
国民全体のマナーや、サービスの質を全体的に見れば、日本は非常に
レベルの高い国だと言えます。店に入った客を「いらっしゃいませ」で
出迎え、時には何も買っていない客に対しても「ありがとうございました」
で送り出す。日本人にとっては当然のことですが、これらが世界中どこで
でも行われているとは限りません。今回はこのコンビニが題材です。

飲み物を買おうと都内某所のコンビニを利用した際の
話しです。店内に入るや否や、いつも通り店員さんの
「いらっしゃいませ!」が出迎えてくれたのですが、
そのイントネーションからその方は日本人ではないと
把握できました。外見はアジア系ですので、おそらくは
中国や韓国からの留学生ではなかろうかと。特に気にする
こともなく、飲み物を物色している最中に事件が勃発します。
店長と思しき男性が、烈火のごとく怒り出し、そのチェンさん(仮名)
に罵詈雑言と言ってもいい言葉をぶつけ始めたのです。何か手違いや
ミスがあったようで、「何やってんだよ!」「何度言ったら分かる
んだよこのピーーーーー!」(放送倫理により自粛)という類の言葉を、
大声で且つ早口でチェンさん(仮)に叩きつけ続けます。止めに入るまで
ではないとしても、「もう少し言い方を考えてあげればいいのに・・」
と思っていると、チェンさん(略)から鋭い槍のような反撃の一言が!

「ニホンゴハハヤクチダトワカラナイ!!」

と、店長の1.5倍ほどのものすごい早口で叫んだんですよね。いかん、
面白すぎる!笑いの波が過ぎ去るまで、数分を要しました。昼食の買い出し客もはけた、
穏やかな昼下がりのことだったとさ。おしまい! 

御機嫌よう!

ブログランキングに参戦しております。    
クリック↓でサポートをお願い致します!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

学問・科学 ブログランキングへ