我ら異文化探検隊!(1)

国語力とは何か、そう問われたら皆さんはどうお答えになりますか?
賢明な当ブログの読者の皆さんであれば、「国語の試験で点を取る力」
は、国語力のほんの一部に過ぎないことをご存知でしょう。仮に
試験の点が良かったとしても、実生活の中で上手く言葉を使いこなし、
多様な人々と意思の疎通ができないなら、その国語力は羊頭狗肉だと
言わざるを得ません。

多様な人々との意思疎通に必要なのは、何も語学力だけではありません。
相手が異文化の中に生きる存在なのであれば、相手の立場を慮(おもんぱか)り
理解しようと努める、そんな態度も必須であるはずです。ただし想像するのみ
では到底理解し得ないことも世の中には多々ありますので、その一助として
もらうべく、国内外問わず様々な文化形態を紹介していこうと思います。

今回のテーマはインドです。

「はまる人ははまる国」として有名なインド、私は絶対はまらない自信が
あります(笑)。友人のT君が今年1週間ほど滞在したのですが、様々な異文化
体験をしたとこのことです。そのうちの一つを今回は紹介します。

日本でも一時期大ブームになったインド映画、ストーリー内に多くのダンスが
組み入れられていることで有名です。本場ではどんなものかとT君は映画館に
出向いたのですが、そこで驚愕の体験をします。インドでは常識らしいのですが、

映画が始まる前に客が全員で~する。

日本、英語圏、スペインにはない、恐らくインドにしかないであろう
この風習、さて一体何だと思いますか?

正解は後ほど!

ブログランキングに参戦しております。    
クリック↓でサポートをお願い致します!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

学問・科学 ブログランキングへ