答え合わせ(一言の破壊力その三十六)

奥さんが日本人でも、日本に二年間住んでいても一向に日本語力が
向上しない、とある英語の母国語話者。そんな彼曰く、悪いのは
自分ではなく・・・?正解は

「俺が悪いんじゃない!東京が悪いんだ!」

でした。

日本の政治経済の中心であり、世界でも有数の大都市東京。当然ながら
文化水準が高く、国際語である英語に対する人々の関心も高いのが道理。
そして日本人の謙虚さ(?)がそれに拍車をかけ、英語で話しかけられて
答えられないなら、日本人が悪いことになってしまいます。そうした
状況の上にどっかりとあぐらをかいて、自分の母国語である英語さえ
使えれば生活できるという、甘えた考え・態度を持つ者もいるのです。
(英会話バブルの頃に比べれば、かなり人数は減ったでしょうが。)
私の知る限りでは、例えばAETとして地方に赴任した人の場合、自分の
周りに英米人はまずいませんし、且つ東京などの都市部のように英語話者に
便利な生活環境もありません。まさに伸るか反るか、自ら飛び込んで
順応するしかない世界であり、当然日本語を多く耳にし口にするわけです
から、習得も早くなるのです。どの言語に関しても同じことが言えます
ので、言語の習得が目的で外国に滞在する場合は、是非とも頭に留めて
おくべきことでしょう。

御機嫌よう!

ブログランキングに参戦しております。クリック↓でサポートをお願い致します!
是非とも皆様のお力添えを!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

学問・科学 ブログランキングへ