偽善(一)

偽善(一)

偽善の定義とは何であろう?辞書によれば、「善良であると偽ること」
あるいは「本心からでなく、上辺を繕っての善行」とのことだ。例えば、
自分一人の時には絶対にやらないが、彼女と一緒の時にはお年寄りに
席を譲ったり、沢山の荷物を抱えた人を手伝ったりする男がいるとする。
前述の定義に沿って考えるなら、この男の行為は偽善であり、彼は偽善者
だということになろう。しかし、だ。彼女の前でいい格好をしたいという
幼稚な下心があるにせよ、この男が人助けという善行を為したことに違い
はない。本心が伴っていようがいまいが、行う者が自らの心を偽って
いようがいまいが、行為という形を持った善行は、紛れもない善だと称して
よいのではなかろうか。仮にこの男が電車で彼女と共に席に座っており、
少し離れた所にお年寄りが立っているとして、「誰か席を譲ってやれば
いいのに。俺なら絶対譲ってやるのにな。」などと他人事としての言葉を
吐いたなら、これこそが偽善であり偽善者の所作であろう。(個人的には
こういう輩が一番受け入れ難い。)

ブログランキングに参戦しております!記事が面白かった、ためになったという方は
↓をクリックお願いします。つまらなかったという方も、怒りを込めてクリック!(笑)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

学問・科学 ブログランキングへ