てにをはの達人! その一

「てにをは」と称されることもある日本語の助詞。外国人にとっては
かなりの高き壁ですが、日本人なら理由こそ説明できなくとも、感覚的
に正しいものを選ぶことができます・・・と断言できなくなりつつある
現状(^ω^; 「てきとーでいいや~」という姿勢で言葉と付き合い
続けると、いざという時に正しい選択ができないのは至極当然のことです。
日本についての文章を題材に、日本人ならできて当たり前のこと、
再確認していきましょう!

空欄に入る助詞(または助動詞)を下の語群から選んでください。
同じものを何度使っても構いません。さあ挑戦だ!

日本○南北○細長い島国○、北海道、本州、四国、九州○四つ○主な島と、
散在する数千○島○成っています。ドイツより○やや広く、アメリカ○
カリフォルニア州より○少し狭い日本○、約三十八万平方キロメートル○
面積○持ちます。国土○三分二○山地であり、地震が多いことも特徴の
一つです。

「の」「で」「は」「を」「から」「に」

答えは下に!













日本は南北に細長い島国で、北海道、本州、四国、九州の四つの主な島と、
散在する数千の島から成っています。ドイツよりはやや広く、アメリカの
カリフォルニア州よりは少し狭い日本は、約三十八万平方キロメートルの
面積を持ちます。国土の三分の二は山地であり、地震が多いことも特徴の
一つです。



いかがでしたか?日本人なら当たり前、ですよね!

↓英語版も要チェックです!
http://www.sopademiso.top/article/451076938.html

御機嫌よう!

↓バナークリックのサポートに心より感謝致します!皆様の支えこそが
 ブログ更新の原動力です!(CtrlまたはCommandキーを押しながらだと
 サクサクいきます!)

国語科教育 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村

学問・科学 ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村